新しい皮裁ち包丁の取り扱いをはじめました

こだわりのナイフにはこだわりのシースを

こだわりのナイフを作ったのならば、その仕上げとなるシースにもこだわりたいところ。
そして、良いものを作るには良い道具が必要です。

マトリックス・アイダでは新しい皮裁ち包丁の取り扱いをはじめました。
これまでの市販の皮裁ち包丁のイメージを払しょくする、圧倒的な切れ味をもった皮裁ち包丁です。鏡面になるまで研ぎあげられた刃は、まるで滑っていくかのように皮を切ることができます。これまで皮裁ち包丁に「使いづらい」という印象を持っていた方も、その常識が覆るほどの切れ味です。

sheath_tool_kawadachi_new

機能

本研ぎ

天然砥石を20~30丁使い、目に見えないレベルの研ぎ毛羽もさらに小さく、無くす事で完全刃付けしています。これは、この皮裁ち包丁を製作している刃物の館やすらぎ工房・二瓶貴大氏のオリジナルの研ぎ方で、刃が鏡面になるまで極限まで研ぎきることを指します。
sheath_tool_kawadachi_new-2

研ぎやすい

この皮裁ち包丁は、初心者の方でも研ぎやすいのが特徴の一つです。
研ぐのが自信が無い方でも、砥石つきが良いので研ぎの練習にも向いています。

スペック・価格

皮裁ち包丁
材質:SKD11
刃幅:36mm
価格:3780円(税込)


 
最初にも書きましたが、驚くほどの切れ味でシースづくりがまた楽しくなるような道具です。
ぜひ一度お試しください!