鹿山利明

1933年12月31日生まれ。東京ナイフの伝説的職人であった故・藤本保広氏の唯一の後継者。
サイドロックや多徳ナイフなど、高度で複雑なナイフも完成された技術で作り上げる、日本のフォールディング・ナイフ・メーカーの第一人者。JCKM会員。

2ブレード・ペン・ナイフ / 鹿山利明 #1

toshiaki_shikayama_1

繊細で丁寧な作りである上、David Perdue氏による深堀りの彫刻に金象嵌がされたフォールディング・ナイフです。
ジグドボーンの色合いも味のある美しいハンドルです。
Read More

78,000円 (税込)
SOLD OUT
数量