W.W.クロンク

1983年に夭折したWilliam W.クロンクは、”アートナイフの父(Father of the Art Knife)”とも呼ばれる伝説的ナイフメーカーです。カスタマーデザインの一品物(ワン・オブ・ア・カインド)のナイフを中心に作り、200本あまりの珠玉の作品を残しました。彼以前にこれほどのオリジナリティあふれるアートナイフを作った者はなく、当時のナイフショーでは彼の新しい作品を見るために、彼のテーブルに多くの客がつめかけました。複雑な曲線が絡みあう美しい形状は、ほぼ手作業で生み出されています。その技術、センスによって作られた作品はどこか神秘的な雰囲気さえ漂わせます。

4″ ユーティリティ / W.W.クロンク #5

w.w.cronk_5

美しいデザインのユーティリティ。もちろんインテグラル構造です。
ハンドルは印象的なほど大胆に削られており、コレクションモデルでありながらもその握りやすさに作者の意図を感じることができます。

ボルスター部分に彫られた彫刻はロン・スキャッグスによるものです。タングエンドに多少のヒビが見られます。
Read More

340,000円 (税込)
在庫あり
数量

4-1/2″ ストレート・ナイフ / W.W.クロンク #1

w.w.cronk_1

美しい象牙のハンドルに、上品なストレートのラインのブレードの格調高い作品です。
シンプルで飽きのこない、普遍的なデザインです。

Read More

260,000円 (税込)
在庫あり
数量