お勧め商品」カテゴリーアーカイブ

One of a knid(10C28Mo2) / 池添雄太 #36

yuta_ikezoe_36

池添雄太氏のオリジナルモデル。
長年寝かせてオイル仕上げをしたスタッグを使用した一点ものです。

ラブレスのケーパーを元にしたブレードシェイプで、フィッシングナイフや小動物の解体、シティユースに向いた万能な形状。鋼材には10C28Mo2を使用。研ぎやすい上、耐蝕性に優れています。

ハンドルはコンシールドタング構造で軽量。
和鹿のスタッグの継ぎ目はほぼ完璧に合わせてあり、その丁寧な仕事ぶりに感服するばかり。

ブレードの仕上げは#2500で仕上げるマイクロヘアライン。使用されたラブレスボルトはインチサイズで特注で製作したオリジナルです。

シースには蜜蝋が十二分に染み込ませてあり、レザーでありながら防水性に優れています。
シングルステッチでコンパクトなシースになっています。
しっかりした安心感のあるホールド感になっています。

つづきを読む

3-3/4″ ドロップ・ハンター・クロスチェック(CV-134)/ 相田義人 #80

yoshihito_aida_80

相田義人からの新しい提案。
ブレードバックにクロスチェックの入ったドロップ・ハンターです。
一段下げてチェッカリングを施すことで、加工ラインが美しくなり、かつ滑り止め効果が向上しています。
鋼材は抜群の硬度と刃持ちを誇る日立金属のCV-134を使用。ヘビーな使用環境にも耐えうるタフなナイフです。

ハンドルの背中には真鍮のネームプレートがインレイされ、ヒルトには通常とは異なりSUS420J2を使用。
ヒドゥンボルトで、シンプルなハンドルとなっています。
本人お気に入りで、ダブルマーク仕様となりました。

つづきを読む

Cuthair Yellow horse series ONE / BUCK #5

buck_5_cuthair

ナバホのアーティスト、David Yellowhorseがハンドルのアートワークを手掛けた限定品。
シリアルナンバーは#0884。

石器風のナップド・ブレードに、真鍮、ターコイズ、アイアンウッド、白蝶貝がインレイされた美しいハンドルです。専用のオリジナルウッドケースが付属します。

つづきを読む

ダマスカス・フォールディング / 藤本保廣・加藤清志 合作

yasuhiro_fujimoto_9

刀匠・加藤清志氏が製作したニッケルダマスカスを使用し、藤本保廣が制作した伝説的コラボレーション作品です。
その証明としてマークはダブルネームになっています。

クラウンスタッグ(鹿角の根本)を使ったクラシックスタイルで、ロックスプリングには美しいファイルワークが施されています。
有名なJ・シュミットの影響が色濃い構成となっています。
専用の木箱(純正)が付属します。

つづきを読む

ケンズ・システム / 原幸治 #1

koji_hara_1

日本のフォールディングナイフメーカー、松島謙一氏が開発した、オープン時に上から押してもロックはかかったままだが、斜めに押し込むとロックが解除できるという特殊なロック機構のフォールディングナイフです。
製作は日本を代表するカスタムナイフメーカーの一人、原幸治氏。

鋼材には今や幻の鋼材となりつつあるカウリYを使用しています。

つづきを読む

パイカー・ランダル セット |堀英也 #12

hideya_hori_12

あまりにも有名なR.W.LovelessのPiker Randall setのレプリカです。鋼材にはELMAXを採用。
オールドテイストなビンテージダークバーガンディーのハンドルも絶妙なチョイス。
ラブレスの実物を見てから製作したツインシースも抜群の出来栄えです。

つづきを読む

光学センターポンチ

optical_punch

ポンチで正確なマーキングを行うツールです。
光学レンズはクロスタイプとドットタイプの2種類、センターポンチは60°と120°の先端角のポンチが同梱されています。

ケガキ線のセンターを目視と指先の感覚で打つのとは別次元の、正確なポンチを打つことが出来ます。
フォールダーなどの精度が必要な工程でその威力を発揮します。
ナイフメーカー必携の精密工具です。

つづきを読む

カーボンファイバー・ブラック(7㎜)

carbonfiber_black_outlet_7mm_single

ドライ・カーボンのブラック7㎜厚です。
弊社取り扱いのマイカルタなどよりも少し身幅が狭いので、サイズをご確認の上、必要ならば2枚ご購入下さい。
ベーシックなカーボンファイバーです。削るとカーボン積層模様が現れます。

研削する際は必ず防塵マスクをして、皮膚の露出をしないようにしてください。

サイズ:厚さ7mmx57mmx152mm
生産国:中国

つづきを読む

カーボンファイバー・ブラック 厚物(11㎜)

carbonfiber_black_outlet_big_single

ドライ・カーボンのブラック厚物です。シースナイフに使いやすくなっています。
ベーシックなカーボンファイバーです。削るとカーボン積層模様が現れます。
研削する際は必ず防塵マスクをして、皮膚の露出をしないようにしてください。

弊社取り扱いのマイカルタなどよりも少し身幅が狭いので、サイズをご確認の上、必要ならば2枚ご購入下さい。

サイズ:厚さ11mmx57mmx152mm
生産国:中国

つづきを読む

Scissors Knife / 山本徹 #3

toru_yamamoto_3

jack knife スタイルで、セカンドブレードがシザーになっています。
ブレードはスピアーブレードで、全体的にシンプルでシャープな印象のポケットナイフです。
美しいジグドボーンをハンドルに使用し、前後のボルスターにはSimon Lytton氏によるイングリッシュスクロールの彫刻が施されています。

つづきを読む

スリップジョイント(長寿亀)/ 中山英俊 #1

hidetoshi_nakayama_1

柘植のハンドルに長寿亀の値付けを施した中山英俊氏ならではの作品です。
今にも動き出しそうなリアルな亀の、その甲羅や顔の造形は見事。

VG-10のブレードはエイジング加工で黒く染めてあり、全体の雰囲気に統一感を持たせています。

つづきを読む

SUS420J2 3x50x300mm

outlet_steel_420J2_3x50x300

SUS420J2の3mm厚板です。ブレードとしても使えます。

SUS420J2はマルテンサイト系ステンレスで、熱処理(焼入・焼もどし)により、高強度、高硬度を得られます。焼入れ硬さ(焼き入れ温度1050℃)でHRC55程度になります。日常的に使用するナイフに適していて、研ぎやすい素材です。フォールディングナイフのライナー材としてはもちろん、ブレード材としても使用できます。ライナー材としても使いやすい素材です。

BUCKやCRKTなどの大手メーカーがブレード材として採用しています。
※チケットはつきません。

サイズ:3x50x300mm
つづきを読む

アウトドアナイフの使い方

book_outdoorknife_tsukaikata

使う道具としてのナイフにフィーチャーした実用的なムック本です。
アウトドアナイフの理論と使い方、そして選び方を学べるナイフ愛好家必携の一冊です。
相田義人によるナイフ理論概要と実際の釣行の様子も掲載されております。
ぜひお買い求めください。

【記事内容】
●アウトドアナイフの使い方
初歩的な使い方から、登山やハンティング、釣りといった目的別の使い方を上級編として紹介。
●アウトドアナイフのデザイン、スタイルの基礎、選び方
●アメリカ・アウトドアキャンピング事情
ヒロソガ氏による米国のリアルなアウトドア事情を紹介。
WILD PIGのハンティングから米国流BBQ指南まで
●愛好家たちのマイナイフ
 ナイフメイカーを中心としたアウトドア愛好家たちのマイナイフと使い方を紹介。
●ブッシュクラフト・薪割りについて
人気のブッシュクラフト、アックスを使った薪割り、そして薪割りの初歩を紹介。
●ナイフショップリスト
●JKG主催アウトドアナイフ部会
毎年開催しているキャンプ&アウトドアを楽しみながら鍛造ナイフの製作を体験する模様を紹介。

ページ数:145ページ
つづきを読む

バーローナイフ (鼈甲)  / 古川四郎 #14

shiro_furukawa_16

ホワイトゴールド・ボルスター、鼈甲ハンドル、ゴールド・ライナーの超豪華仕様の一点ものです。
屈指の名ナイフメーカーの最高の技術と、最高の素材が織りなす芸術品をぜひ手にしてください。
構造はスリップ・ジョイントです。

※この商品は代引き不可です。
つづきを読む

TB Tribute 4″ Trapper / 戸崎茂 #1

shigeru_tozaki_1

戸崎茂氏のTony Boseトリビュートナイフです。
Tony Boseも使用したという戸崎氏オリジナルボーンをハンドルに採用。ステンレスのシールドがインレイされています。
少し固めでしっかりとした作りのスリップジョイントはまさにTony Boseを彷彿とさせる出来栄えです。

つづきを読む

スリップジョイント・1ブレード / 浜田智成 #3

tomonari_hamada_3

浜田氏の緻密なファイルワークが前面に施された名作です。
特にハンドルのロープ・パターンのファイリングは圧巻。
カシメピンには18金が採用され、この上質なナイフを演出しています。
アクションも仕上がりも完璧です。

つづきを読む

サテン仕上げ用ベルト A-12 100×915㎜

belt_short_nca_jfb-dp5-a-12

ブレードを均等なサテン仕上げにする際に使用する国産ベルトです。
研削ベルトだけだと不揃いになりがちなサテン仕上げですが、このベルトを使えば簡単に美しく仕上げることができます。
粒度320番程度です。#400~600くらいまでベルトをかけてから仕上げでかけるときれいに仕上げることができます。

ノリタケファブリックベルト JFB-DP5 A-12
サイズ:100mm×915mm
つづきを読む

インテグラルファイター / 横山哲夫 #19

tetsuo_yokoyama_19

マンモス・アイボリーのハンドルとインレイをあしらい、ATS-34の15㎜厚鋼材から削りだした大迫力のインテグラルナイフです。
天然素材と鋼材、異素材が横山氏の高いレベルの加工技術により完璧に一体化されています。
ずっしりと感じるその重量感もまた、このナイフの価値の証明でもあります。

つづきを読む

5-3/4″ ファイター / 横山哲夫 #17

tetsuo_yokoyama_17

ハンドル部分にエスカッションプレートをインレイしつつ、ボルトは隠しボルトになったモデル。
ブレードの削りは、鎬(しのぎ)がまっすぐになるように削る、横山氏らしいスタイルで削られています。
精悍かつ力強いファイターをぜひご堪能ください。

つづきを読む

ネスマック・フィッシング / 横山哲夫 #13

tetsuo_yokoyama_13

横山哲夫氏オリジナル。ハンティングナイフをフィッシングナイフ的にリデザインしたオールパーパスな1本です。
ネスマックのブレードバックをフォールスエッジにして刺し込みやすく改良。
スエッジ部分は3”ホイールで深いホローグラインドで削られています。

つづきを読む

KNIFE DIGEST 2021 ナイフダイジェスト -カスタムナイフを知る-

book_knifedigest-2021

東京ナイフ最後の後継者であった鹿山利明氏の特集、マトリックス・アイダ・ナイフコンテストの詳細記事、今を時めく国内カスタムナイフメーカーの特集など、読み応えたっぷりのナイフ専門誌です。2021年3月15日に発行された最新刊です。

つづきを読む

バーローナイフ (鼈甲)/ 田崎誠一 #3

siichi_tasaki_3

ペンブレードのシンプルなスリップジョイントですが、18金のフィッティングと鼈甲の豪華仕様です。
タング部分のベイルも18金製です。
アクション、ヘアライン、ハンドルの完璧な仕上がりはさすが田崎誠一氏。銘品です。

つづきを読む

ミニチュア・セミスキナー / 向大喬 #6

hirotaka_mukai_6

向氏の手によって精巧に作られたドロップハンターのミニチュアです。
もちろんナイフとしての機能はそのまま。小さいからといって一切の妥協はなく、ミラーフィニッシュ、ヒドゥンボルト、ヒルトはロウ付け、そしてレザーシースも付属します。
手のひらサイズのドロップハンターをぜひコレクションアイテムとしてどうぞ。

つづきを読む

BUCK 120 General / BUCK #2

buck_2

1960年代、ベトナム戦争時代に製作されたヴィンテージもののBUCK 120 Generalです。
フィッティングは、ジュラルミン。レアなブラッドレッドスペーサー4本入り。ハンドルはベークライト。

ブレードの裏側にBUCKのロゴが刻印されています。このBUCKだけのロゴは1961~1967年の間に使われたものです。
シースは付属しません。

つづきを読む

日本の包丁2021

book_hocho2021

作る、選ぶ、使うあらゆるアプローチで日本の包丁の今を捉えた貴重な一冊です。
包丁の基本を知りたい方、すでに包丁に詳しく今を時めく職人を見つけたい方、そして自分のために選ぶ最高の包丁を見つけるカタログとしても優秀な一冊になっています。ぜひご一読ください!

監修は名門・銀座菊秀の井上武氏です。
つづきを読む

6-1/2” ファイター・スリーピースハンドル / 重野守 #9

mamoru_shigeno_9

重野守氏のオリジナルデザインのスリーピースハンドルのファイターです。
2020年発行のナイフダイジェストに掲載されました。
重野氏のグラインドテクニックによって削られたブレードは圧巻です。
厳選したバットのクラウンスタッグは理想的な形状。エンドにはラピスラズリがインレイされている特別仕様です。

つづきを読む

菜切り包丁 / 西根正剛

nishine_kitchen_2

全国的に大人気のマタギナガサを製作する西根正剛さんが鍛造した本格的な菜切り包丁です。
鋭い切れ味、鍛造技術はさすがです。ブレードには「叉鬼」、そして「西根正剛」の刻印が打たれています。
これを手にすれば山に行けないときでも、日常生活の中でマタギの精神を感じることができる逸品です。

つづきを読む

KNIFE DIGEST(ナイフダイジェスト)

book_knifedigest-2020

元ナイフマガジン編集長、服部夏生氏が手掛けた新たなナイフ専門誌です。これはその記念すべき第一弾!

【内容】
近代ナイフについて語る際に避けて通れない存在。それがロバート・ウォルドルフ・ラブレス、通称ボブ・ラブレスだ。彼は、類まれなデザインセンスと合理的な制作方法によるハイクオリティな製品で、アウトドア、ハンティングの世界で、瞬く間にその名を知られるようになる。この本では巻頭特集でそんな『ラブレス・ナイフ』を徹底解説。それ以外にも、ナイフの最新情報を隈なく紹介している。
つづきを読む

Drop point hunter(エングレーブ|ジュリー・ワレンスキー)/バスター・ワレンスキー#1

buster_warenski_1

アートナイフのレジェンド、バスター・ワレンスキーのドロップポイントです。
絶妙な起伏を描くハンドルシェイプはさすがです。素材は美しいデザート・アイアンウッド。
彫刻はジュリー・ワレンスキー。シンプルなシルエットのナイフに緻密な彫刻が見事にマッチした一級品です。

つづきを読む

SPG2(スーパーゴールド2) 4.1x40x250mm

SPG2_4.1x40x250

刃物の4大要素、硬度、靭性、耐摩耗性、耐食性すべてにおいて理想的な材料といえます。
実使用しているユーザーの方からは圧倒的な刃持ちの良さ、そして美しいミラー仕上げに高評価をいただいております。
価格は高いですが、それを十分に感じられる材料です。

粉末冶金法により製鋼された超高級刃物鋼は、従来の溶解法に比較して偏析が無く、均一微細な組織となり、火造り鍛造性が良く、被削性が極めて良好となります。また、溶解法では不可能な多量の高合金成分を含有させることが可能となりました。そして、このスーパーゴールド2こそ日本が誇る最高級の粉末ステンレス・ハイスです。

武生特殊鋼製。薄い酸化皮膜がついています。
刃長が3インチから5インチ程度のナイフに最適です。
つづきを読む

初心者向け!自分で作れるペティナイフ・キット|ブランク

kit_sheath_pettyknife_blank

ハンドル材は自分で選びたい。そんな希望にお応えしたペティナイフ本体とカシメピンのみのセットです。
せっかくオリジナルのものを作るのだから、自分だけのハンドル材をチョイスして作ってみてはいかがでしょうか。

鋼材には、高級包丁に使用されるV金10号を採用しています。積層模様が美しいのも特徴です。

つづきを読む

豆8丁 / 藤本保廣 #8

yasuhiro_fujimoto_8

名工、藤本保廣の制作した11丁出しのポケットナイフです。
ミニチュアサイズの豆シリーズです。コインと比べてもこのサイズ。小さな中に職人の技術が詰め込まれています。
未使用、蔵出しの美品です。

つづきを読む

新型エッジ・マーカー(USA)

tool_knifemaking_edgemaker_new

ブレードのエッジラインをケガくための工具です。コレさえあればハイトゲージも必要ありません。

ダイヤルを回して任意の高さにケガキ針の高さを固定してブレードのエッジラインをケガキます。
新型になって、六角レンチが不要になりました。

良いナイフを作るには、最初が肝心です。きちんとエッジラインをケガクのは基本中の基本。ナイフメーキングの必需品です。

つづきを読む

ポケット・アーカンサス トランスルーセント(半透明)

maintenance_arkansas_whetstone_poket_translucent

トランスルーセントは極仕上げ砥石で、比重密度の基準ではトルー・ハード・アーカンサスに分類されます。
非常に精密な研磨が要求される工業用として使用されています。この値段で手に入れるのは他では不可能です!
縦100×横25×厚11mm
つづきを読む